当社の特徴

グループ現代は、50年の歴史を有する経験豊かな総合映像制作会社です。

グループ現代は、創立50年の歴史を有する経験豊かな総合映像制作会社です。業務内容も、ドキュメンタリー映画、テレビ番組、広報・教育映像、展示映像、DVD、動画コンテンツの制作まで、多岐に亘っています。

当社は、「農薬禍」という環境破壊を告発するドキュメンタリー映画の制作で出発しました。以来、ドキュメンタリー映画の制作は、主要な活動の一つとなっています。1996年には長編記録映画「SAWADA」が毎日映画コンクール文化映画部門グランプリ、キネマ旬報文化映画ベストテン1位に輝きました。その後も、「自然農」、「センス・オブ・ワンダー」など環境をテーマにした問題作、宮城教育大学学長であった林竹二先生の「授業」の実践記録など教育をテーマにした作品。劣化ウラン弾などによる低線量被曝を追求した「HIBAKUSHA−世界の終わりに」、「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の鼓動」など、国内外で大きな反響を呼んだドキュメンタリーを制作してきました。2010年、定時制高校生をテーマにした「月あかりの下で」、2013年、地域医療をテーマにした「医す者として」、2017年、通信制中学で学ぶ高齢の生徒を取材した「まなぶ 通信制中学60年の空白を越えて」が、文化庁文化映画部門優秀賞を受賞するなど、多くの作品が各種の賞に輝き、上映活動でも大きな反響を呼んでいます。そのほかにも制作協力で関わった料理家辰巳芳子さんのドキュメンタリー「天のしずく」、ネイティブアメリカンの居留地での現代アート作家の活動を追った「ミタケオヤシン」、記録作家林えいだいのドキュメンタリー「抗い」など、精力的に自主制作、自主上映活動を続けています。

テレビ番組の制作に関しても40年近い歴史を誇っています。企画性を重視したドキュメンタリー番組の制作から出発し、民放及びNHKのドキュメンタリー番組、情報系番組を始めとして、海外取材番組、スタジオ構成番組、スポーツドキュメント、美術番組、教養番組、特殊映像を駆使した番組、長時間生放送など、多種多様な番組制作にかかわり、その裾野を広げてきました。この間1990年にTBS「そこが知りたい 東京の!晩ごはん」でギャラクシー選奨を受賞。2000年「NHK ETV特集 エンデの遺言〜根源からお金を問う〜」でギャラクシー選奨、2002年フジテレビNONFIX「在日親子〜日本で生きるということ〜」で全日本テレビ制作者連盟のATP賞ドキュメンタリー部門最優秀賞、2016年フジテレビ ザ・ノンフィクション「円丈vs老い」がATP賞ドキュメンタリー部門優秀賞を受賞するなど、高い評価を得た作品を数々作り出しています。

また、2009年にはユニークなインタビュー番組「あなたが主役 50ボイス」を企画提案、NHK総合で定時番組化されました。NHKBSプレミアムでは「机上の空論シェイクスピアゲーム」、定時番組化した「フランケンシュタインの誘惑 科学史謎の事件簿」など独自企画番組を制作。ユニークな企画力のある会社として評価され、テレビという表現メディアの中で、独自性の追求と、新しい可能性に常にチャレンジしています。 スタッフの育成にも力を注ぎ、2010年、2011年、2016年にはATP新人賞を受賞、2014年にはATPの若手映画プロジェクトとしてドキュメンタリー映画「ミタケオヤシン」の制作、上映を実現、次代を担う映像クリエーターの育成でも、大きな成果をあげています。